記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替が変動する根本的な理由

根本的な為替が変動する理由はその国の通貨の人気度です。通貨の人気度が上がればその通貨の価値は上がり人気度が下がればその通貨の価値は下がり、人気度が上下しやすい原因の一つにその通貨の金利と2つの国を比較した時の経済状況などです。2つの国を比較した時とはFXの場合は通貨ペアと言って一つの通貨を買えば、もう一つの通貨は必ず売ることになり、例えば通貨ペアのドル円だとドルを買ったら円は売り、ドルを売ったら円を買うということで買うということは通貨の人気を上げる手助けで、売るという行為は通貨の人気を下げる手助けになりますが、実際は手助けと言っても小さな金額では外国為替市場に与える影響はほぼゼロです。好景気の国の通貨は経済成長力があり更に人気が上がれば価値も上がるのでそれを予想し見越したうえ買われて価値が上がりますが一方の通貨を買うということは、もう一方の通貨は売られますので価値は下がっていきます。ちなみに通貨ペアはFX会社によっては何十種類もあるところもありますが極論を言えば1つの通貨ペアがあれば問題ないと言えます。人気が上がる通貨を買って下がる方の通貨を売れば為替差益を稼ぐことができるので金利収入を得る目的ではなく為替差益を狙う目的の方なら10種類程度の通貨ペアを揃えているFX会社を選べばまったく問題ないということです。
為替変動に大きく影響するのが金利ですが基本的には高金利の通貨は人気が上がり、低金利の通貨は人気が下がります。アメリカの米ドルが年利5%とし日本の円が年利1%とすれば100万円分預けると年間で米ドル金利は5万円で日本円は1万円なので資産運用として考えれば通貨ペアでドル円なら当然金利の高いドルを買います。ドルを買うということは円は売られ円安ドル高を引き起こす原因になるということです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxhajimeyo391

Author:fxhajimeyo391
FXでの副収入を得ています。初心者さんに丁寧に説明していきます。

ランキング参加中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。