記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り引きのタイミングを決める分析方法とチャートの使い方

FXに限らず、資産運用での損益を決めるのは、決済のタイミングです。チャートの分析によってこのタイミングをつかむ方法が幾つも考えられてきました。FXにおける分析方法の主なものとしては、テクニカル分析やトレンド分析などがあります。さらに、それらの分析を行うときに移動平均チャートを組み合わせて精度を上げることも行われています。

初心者がいきなり高度な分析手法を使いこなすのはそう簡単なことではありませんが、ここでは、ローソク足チャートを使った、基本的なタイミングのつかみ方を説明します。



日足・週足・月足の使い分け
ローソク足チャートは、ローソク足をつなげてグラフにしたもので、日足のローソクをつなげたものは日足チャート、週足をつなげたものは週足チャートになります。2、3年の中期の値動きを把握するなら、週足チャートが向いています。現在の相場の動きをつかむのであれば日足チャートが便利ですし、デイトレーダーが必要とするリアルタイムに近い状態の値動きを知るには分足チャートを使います。




ローソク足の状態変化を使う
FX初心者は、1週あたりの取り引き回数もそれほど多くありませんし、資金も潤沢ではないため、中期の取り引きには向いていません。
そこで、数日単位の取り引きがお勧めですが、このためには日足チャートを使い、「一昨日は小陽線だったのが、昨日は相場が上がったので買い注文を出す」などの判断を下します。




テクニカル分析を使う
テクニカル分析とは、相場の値動きから売買を判断する方法で、FXチャートの変化方向や値動きの幅を見て判断します。「このところ上昇が続いているので、買い」「相場が動いていないので、様子見する」といったような方法です。
FXに参加している人たちは全員が同じFXチャートを見ています。全員が同じチャートで投資判断をしているということは、人間の心理が働いた結果がチャートになったともいます。そのため、「このように相場が動いたから、今度はこう動くだろう」といった基本的なパターンを覚えることも重要です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxhajimeyo391

Author:fxhajimeyo391
FXでの副収入を得ています。初心者さんに丁寧に説明していきます。

ランキング参加中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。