記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買いポジション、売りポジションとは?

FXの買いポジションとは「将来的に値上がりする」と予想した人が外貨を持っている状態のことを言います。


為替に限らず株式取引なども同じように使われる言葉で「ロング」も同じ意味合いで安い価格で買い、値上がりしたら決済し為替差益を得ることができます。逆に売りポジションとは「将来的に値下がりする」と予想した人が外貨を売っている状態を指し「ショート」などとも言われています。


高い価格で外貨を売り、値下がりしたら決済を行い外貨を買戻し為替差益を得ることができます。

ちなみにポジションとは立場や状態を指している意味合いとして理解すれば問題ありません。
買いポジションの例えば
為替レートがドル円で1ドル100円と仮定し買いポジションの場合は1ドル100円以上になると思った人がとるポジションで1ドル120円になれば1ドルあたり20円の為替差益を得ることができます。逆に1ドル90円になれば予想が外れ1ドルあたり10円の為替差損となります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxhajimeyo391

Author:fxhajimeyo391
FXでの副収入を得ています。初心者さんに丁寧に説明していきます。

ランキング参加中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。