FC2ブログ

記事一覧

東京外国為替市場の方向性に影響を与える「ミセス・ワタナベ」

東京外国為替市場は世界の3大外国為替市場の1つであり、その動向は世界の為替取引に大きな影響を与えるため、取引の動向は注目を集めています。

東京外国為替市場の取引の方向性を決定づける要因は無数にありますが、中でも注目を集めているのが、「ミセス・ワタナベ」や「キモノトレーダー」と呼ばれる、個人のトレーダーたちです。


東京外国為替市場では、2007年頃から特に重要なイベントがなくても、お昼を挟むと為替取引の方向性が午前とは反対方向に動くことがひんぱんに発生したため、トレーダーが調査したところ、意外な事実が判明しました。

東京外国為替市場の主な参加者である主婦やサラリーマンを中心とした個人のトレーダーがお昼の時間帯を利用して一斉に円売り・ドル買い注文を発注していたため、お昼を挟んで為替取引の方向性がガラリと替わっていたのです。

こうした事実が明らかになると、イギリスの老舗経済誌「エコノミスト」は驚嘆と皮肉を込めて、日本の個人のトレーダーのことを「ミセス・ワタナベ(キモノ・トレーダー)」と命名しました。


かつての神通力は薄れていますが、現在でもミセス・ワタナベは外国為替市場の値動きを引き起こす大きな要因の1つであり、世界のトレーダーや機関投資家から注目される要因です。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント