記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセアニアの外国為替市場の特徴である「窓開け」と「窓埋め」

オセアニアの外国為替市場は、平日の取引時間がニューヨーク外国為替市場の午後の取引時間と重なっているため、大きな値動きのない外国為替市場です。

しかし1日の起点して設定されている外国為替市場であるため、金曜日の取引終了後に、経済指標の発表や要人発言などがあると、月曜日の始値(はじめね)が前週金曜日の終値(おわりね)から大きく離れた値段で始まることがあります。

このような金曜日の終値と月曜日の始値が大きくかい離した状況は、チャートに記すと窓が開いたような値動きになるため、「窓開け」と呼ばれています。

また、窓開けから取引がはじまると為替レートは窓が閉まるように金曜日の終値に近づいていく値動きとなる傾向があります。この値動きを「窓埋め」と呼びます。

窓開け・窓埋めとも為替レートの大きな変動をともなうため、上手に利用できると大きな利益を期待できますが、どちらもいつ起きるか・終わるかが分からないだけではなく、どれだけ大きな値動きをするかも予測できないため、窓開け・窓埋めを狙って取引をするのは極めて危険と言えるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxhajimeyo391

Author:fxhajimeyo391
FXでの副収入を得ています。初心者さんに丁寧に説明していきます。

ランキング参加中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。