記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン外国為替市場の値動きの特徴

ロンドン外国為替市場の取引時間は、東京外国為替市場の午後の取引時間、ニューヨーク外国為替市場の午前の取引時間と重なります。


ロンドン外国為替市場が開くと、外国為替市場の値動きは、それまでの東京外国為替市場の取引を中心とした流れとは全く異なった値動きとなります。

東京外国為替市場を中心とするアジア勢が取引の主力の時間帯にできたポジションも、ヨーロッパ勢が取引に参加することで損切りさせようとしてくることもあるため、注意が必要です。


特に取引量の大きいロンドン外国為替市場は、他の外国為替市場に比べて特に値動きが荒くなりやすいだけでなく、オープンの前後はテクニカル分析で出ている売買サインと逆の値動きとなる「騙し」が起こりやすいため、その動向に注目する必要があります。


ロンドン外国為替市場は、このようなオープン後のヨーロッパ勢の取引が落ち着くことで取引量は減り、ニューヨーク外国為替市場の参加者の参入とともに取引量が再び多くなるのが特徴です。


日本時間の20:00(夏時間のときは21:00)を過ぎると、ニューヨーク外国為替市場が取引に加わり、21:00を過ぎるとアメリカの様々な経済指標の発表やニューヨーク証券取引所のオープンにより、取引の主導権がニューヨーク外国為替市場へと移行します。

そして、日本時間の00:00(夏時間のときは01:00)を過ぎると、ロンドン・フィキシングの時間となり、再びロンドン外国為替市場を中心とするヨーロッパの外国為替市場が取引の中心となります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxhajimeyo391

Author:fxhajimeyo391
FXでの副収入を得ています。初心者さんに丁寧に説明していきます。

ランキング参加中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。