FC2ブログ

記事一覧

損切り注文のデメリット

損失を最小限に留めることで次回以降の取引の自由度を確保することを狙うのが損切り注文ですが、そのデメリットにはどのようなものが考えられるでしょうか。


損切り注文のデメリットとしては、損切り注文を発注することそのものがデメリットになると言われています。

含み損を抱えたままでポジションを持てるだけの証拠金が預けてあれば、ポジションを買い増すことでナンピンをして利益の生じる為替レートを有利なほうに引き寄せ、より大きな利益を期待することができます。しかし損切り注文でポジションを決済してしまうと、みすみす期待できる利益を逃すことになります。含み損に耐えるだけの証拠金の余裕があれば、早急に損切り注文をするのは少し慎重にしたほうが良いかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント