記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレールとは?

トレール注文は、相場の値動きに応じて、自動的に注文価格がついていく逆指値注文で、決済専用の注文方法です。トレールとは「追いかける」という意味で、「利益を伸ばしたいけれど、万が一の時はきっちりと利益を確保したい」という場合に使える注文方法です。

損失確定のためのストップロス注文に利用されることから、『トレールストップ注文』とも呼ばれています。


買いポジション保有時の決済注文
たとえば、現在の相場が1ドル=100円のときに買いポジションを保有したとします。
99円でストップロスを逆指値注文した場合、差額の1円がトレール幅となります。

もしも相場が下落することなく99円になった場合は、その時点で逆指値によって売り注文が約定します。
この時点で1円の損失が出たことになります。

図のケースでは、相場が上下しながらも予想通りに上昇し、トレール注文も同時に切り上がっていきました。
102円まで上昇した後、下がりだして101円になったところでトレール注文の売り注文が約定します。
1ドル=100円のときに買っているので、この時点で1円の利益が確定します。


売りポジション保有時の決済注文
たとえば、現在の相場が1ドル=100円のときに売りポジションを保有したとします。
101円でストップロスを逆指値注文した場合、差額の1円がトレール幅となります。

もしも相場が上昇することなく101円になった場合は、その時点で逆指値によって買い注文が約定します。
この時点で1円の損失が出たことになります。

図のケースでは、相場が上下しながらも予想通りに下落し、トレール注文も同時に切り下がっていきました。
97円50銭まで下降した後、上がりだして98円50銭円になったところでトレール注文の買い注文が約定します。
1ドル=100円のときに売っているので、この時点で1円50銭の利益が確定します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxhajimeyo391

Author:fxhajimeyo391
FXでの副収入を得ています。初心者さんに丁寧に説明していきます。

ランキング参加中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。